JA共済連 青森は地域に密着し、農業の振興と地域経済の発展に貢献いたします。

JA共済連 青森

JA共済連 青森 青森県のみなさまの「安心」と「信頼」をこれからも

介助犬普及支援活動

JA共済連青森は7月20日、青森県身体障害者相談員協議会で介助犬の普及支援活動に関する説明会を県の身体障害者相談員ら約30名を対象に行った。日本介助犬協会の髙栁友子専務理事が、介助犬の役割や現状について「介助犬は人生を変える手伝いや、医療従事者などになっている」と呼びかけた。

手や足などに障害のある人の手助けをする介助犬は、飼い主と一緒に訓練を受けて認定される。今年3月時点では、介助犬は、全国で65頭であり、青森県での利用者は無く、認知度の低さが課題となっている。

髙柳専務理事は講演で、介助犬の役割を「ハードとソフトの両面で、障害者の支援ができること」と強調し、犬の世話をすることが自立の手助けになると説明した。
同日は宮城県で介助犬の「グレープ」と暮す我妻進之さんも出席し、床に落ちた物を拾う様子などを披露した。

床に落ちた物を拾う様子を披露する介助犬のグレープと我妻さん
【床に落ちた物を拾う様子を披露する介助犬のグレープと我妻さん】

JA共済は、ひと、いえ、くるまの幅広い安心をサポートします。

JA共済 ひとの保障(生命保険、医療保険)JA共済 いえの保障(火災保険、地震保険)JA共済 くるまの保障(自動車共済、自動車保険)
ご加入について ご契約者様へ
  書道・交通安全ポスター コンクール 2019 JA共済安心生活応援キャンペーン 子育てママの応援サイト はじめてママのお金のこと JA共済 もしもの時!万が一、自動車事故に遭われたら… JA共済 JA共済自動車指定工場協力会(JARIC) あんしんいっぱいキャンペーン、自動車共済お見積りキャンペーン、満期ありがとうキャンペーン
ページ上部へ戻る